PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コッピバルタリ 4日目

コッピ・バルタリ 4日目

 

クラス:1クラス ステージレース

開催国:イタリア

日程:3月27日

距離:163.6km


天候:晴れ

出場チームメイト:ダミアーノ・クネゴ、グレガ・ボーレ、ジャコモ・ベルラート、ダニエーレ・コッリ、窪木一茂、アントニオ・ニーバリ、山本元喜、アレッサンドロ・ビソルティ

 

パブロの町とその周辺を周回するコースだった。

70.4kmと118.5kmに2級山岳地点が154.8km地点に1級山岳地点が設定されていた。

スタート後にしばらく下ってから長い登りが連続するハードなコース設定だった。。

 

 

レース前のミーティング

 

コッリと一緒に完走できるように頑張れという指示。

43km地点から始まる登りがかなりハードなためそこで頑張れという感じ。。

 

 

レースレポート

 

集団後方でレーススタート。

最初は短い登りを含むパブロの町の周回コースを3周。

アタック合戦が始まっているためかなり速い。

鋭角コーナーを2回含む周回の為コーナー毎に集団が伸び縮みを繰り返しキツイ。

周回コースを抜ける。

軽い登りが始まる。

集団先頭が遠くに見える。

アタックが連続している。

集団がハイペースで縦に長くなっている。

相変わらずキツイ。

足が重い。

千切れないようにするので精一杯。

早くアタック合戦が終わってくれと思うが終わらない。

急な下りに入る。

かなりハイペースで下るので怖い。

しかしここで遅れるわけにはいかない。

前の選手と一定の距離を保ったまま全神経を集中させて下る。

おかげで下りでは千切れなかった。

一旦下りが終わり登りに入る。

九十九折の登りで集団の先頭が見える。

コンチネンタルチームのディメンジョンデータの選手がアタックしているのが見える。

ペースが上がり徐々に集団が縦に伸びていくのが見える。

そしてとうとう自分のいる位置のペースが上がりだす。

かなりキツイ。

オエオエ言いながら前から遅れないように頑張って付いて行く。

気が付けば前方で中切れが発生し集団から遅れていた。

おくれた状態で下りに入る。

まだ26km、ここで遅れるのは早すぎる。

何としても前に追いつかなければいけない。

他の遅れている選手と一緒に全力で下りに突っ込んでいく。

怖がっている場合ではない。

しばらく下ったところで集団が見えてくる。

逃げが決まったようで若干ペースが落ちている。

そして追いつくことに成功。

追いついて少しして下りが緩くなりペースが更に落ちる。

再び下りの勾配が急になり集団のペースが上がる。

付いて行くのは問題ないが前に上がることも出来ない状態が続く。

集団後方で行き場に困っていると、とうとう強烈な登りが始まる。

レース前に計算した感じだと14%が2km続く登り。

道が細いせいで集団が縦に伸びて登る。

登り出しは比較的ゆっくりめのペースで登りだす。

このままクリア出来るか?と期待していると若干ペースが上がる。

心拍的にはまだいけるが足の筋肉がかなり辛い。

連日の疲れでガチガチになっているせいで出力を出し切れない。

徐々に集団から遅れる。

前もペースが上がっていないようで差がそこまで広がらない。

登りもそろそろ終わるはず!と思い、前に何とか追いつこうと力を振り絞って踏んでいく。

観客も応援してくれる。

「頑張れ!あと5kmで山頂だ!」

それを聞いた瞬間力尽きる。

その後、急勾配区間を抜けるが集団は遥か彼方。

追いつくことなど出来るはずも無くそこからは流して走り、チームのバスまで帰った。

 

 

感想

 

コースマップを見た時点で完走できる気がしなかったが、レーススタートの際には完走する気十分で挑んだ。

気持ちは十分でも足が十分でなく力尽きてしまった。

しかし登りでは頭がクラクラするくらいには追い込んで頑張ったのでしょうがなかった。

今回のレースでは苦しみっぱなしではあったがその分かなり鍛えられたと思うし、車との接触事故以降に落ちていた調子も回復の兆しが見えてきたので頑張りたい。

本格的にシーズンが始まり、レースの強度も上がっているのを肌で感じた。

本場で始まっている本格的なレースに置いて行かれないように気合を入れて頑張っていきたい。

 

 

キツさレベル

早々に千切れてしまったせいでトータル的にはそこまでしんどくは無かった。

とは言っても千切れてしまったところでは限界まで追い込んでいた。

今回のレース全体的に見ればかなりのダメージがあるのでしっかり休んで体を回復させて今後のレースに備えたい。

この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 2016 ヨーロッパツアー | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://genkibicycle.jp/tb.php/150-8596ead8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT