PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジロ・デ・イタリア 19日目

ジロ・デ・イタリア 19日目

 

クラス:WT ステージレース

開催国:イタリア

日程:5月27日

距離:162km


天候:晴れ

起床時体重:60.

起床時心拍:47

出場チームメイト:ダミアーノ・クネゴ、アレサンドロ・ビソルティ、グレガ・ボーレ、リカルド・スタキオッティ、エドワード・グロス、山本元喜、ジャンフランコ・ジリオーリ

 

 

コースプロフィールは省略。

 

 

レース前のミーティング

 

クネゴの山岳リーダージャージを守る為にクネゴが乗れていない逃げは潰すといった感じの内容だった。

一応レース前にジュリアーニに確認に行く。

「山岳ポイント争いに入っている選手が行った場合には潰した方が良いが、それ以外の場合は逃がしても構わない。グレガの側にいて指示に従えばいい」と言われた。

 

 

レースレポート

 

スタート地点に並びに行きグレガと会話する。

グレガが「ヒロシ(大門さん)が言っていたがお前のブログに俺が登場しているのか?」と聞かれ、「先生みたいな感じって書いているよ」と答える。

「じゃあ俺も日本で有名だな!ジャパンカップに行ったら大人気か?」と聞かれたので「たぶんそうだと思う」と答えた。

その後に今日の動きの話になる「援護はするが足を使い切らないように気を付けろ。今日の登りはかなり長いから全力を出し切ると遅れた際に一気に遅れてしまう。前でローテーションして追うとなった際にも足を使い切らないように気を付けろ」と教えられる。

そしてパレード開始。

短めのパレードが終わりレース開始。

出来ればクネゴを含む逃げが早く決まってくれれば良いが、そうはいかないだろう。

自分の足の調子は良くないだろう。

出発の時点で足がむくんでいた。

少なくとも30分は走らないとむくみが取れないだろう。

それまでは確実に足が重いまま走ることになる。

むくみが取れても昨日のダメージが筋肉に残っている可能性が高い。

いずれにせよ厳しいステージになることは確定的。

アシストの動きが出来れば良いのだが、どうだろうか?

レース開始からの平坦区間でアタック合戦が始まる。

かなり速い。

グレガが前に上がって行くが付いて行けず取り残される。

ロータリーやコーナーが連続してとても上がれる状態じゃない。

付いて行くだけで相当キツイ

集団後方でかなり苦しむ。

足が重い事もあり半端無くキツイ。

無線から「ヤマモト、スタキオッティ!前に上がれ!」という指示が聞こえるが上がれる状態じゃない。

むしろ気が付けば最後尾に追いやられていた。

無線から「おい!聞こえてるのか!誰か返事しろ!」という声が聞こえてくる。

誰も答えない。

全員キツクて答えてる場合じゃないのだろう。

最初の30分が経過する。

足のむくみが取れたかどうかは不明だが、足が重いまま。

それでも「仕事をしないと」と思い前に上がろうと頑張る。

ペースが落ちたタイミングで足を使って前に上がり、ペースが上がって後ろに引きずり戻される。

何度頑張っても同じ。

そうとうキツイ。

40kmを越えて緩やかに登りが始まる。

逃げが決まっているのかどうかは知らないが、アタックがかかっているのは確か。

集団が伸び縮みしてメチャクチャキツイ。

前に上がるとか言っている場合じゃない。

嵐が終わるのを待つかのように耐え続ける。

延々と続くアタック。

キレが無くなってきているのか集団の伸び縮みは少なくなる。

その代わりに一定の速いペースで緩やかな登りを登り続ける。

これもキツイ。

しかしここで千切れる訳にはいかない。

とにかく全力で付いて行く。

しばらくして集団前方を見ると、「もういいやろ」とでも言いたげに集団が大きく分断している。

先行する集団からはアタックがかかり活性化しているが、後ろの集団は離れすぎない程度のペースを保って付いて行っている。

集団のペースが落ちてきたこともあり若干楽になる。

最終的に逃げが決まってペースが落ちたのが70km手前。

それまでは延々と苦しむことになった。

逃げに関しては、人数やメンバーは一切分からないがクネゴが入ったのは確かだった。

そこから一定のペースで登る集団内でとにかく休む。

後半に向けて足を回復させないとマズイ。

理想としては山岳ポイント10km手前まで集団に付いて行きたい。

そこまでは勾配も比較的楽な上、距離的にも96km地点なのでそこまで行ってグルペットに入ることが出来れば完走は確実。

ペースが上がらないように祈りながら付いて行く。

後ろに下がって来たグレガに「調子はどうだ?」と聞かれ「相当キツイ」と答えると「俺もキツイ」と言っていた。

「出来れば96km地点からの登りで千切れてしまいたい」と伝えると「山頂は何km?」と聞かれ「105km辺りだと思う」というと「なるほど」と言っていた。

集団のペースがそこまで上がらないまま96kmまで来る。

一目見ただけで分かるこれまでと明らかに勾配の違う坂が出迎えてくれる。

登りに突入したタイミングでグレガがチームカーにボトルとアームウォーマーを取りに行く。

最後尾にいた自分に「(無理に付いて行かず)ペースを落として登るぞ。グルペットには後で追いつけばいい」と伝えてくれたので自分も遅れる。

遅れたついでにチームカーからレインジャケットを受け取っておく。

山頂付近で着込んでいると集団から遅れる可能性があるし、今でも吐き出す息が白くなるくらいには気温が低い。

自分達が遅れてからすぐに集団からかなりの人数が遅れてグルペットが出来上がった。

グルペットのメンバーに力が残っている間はペースがあまり落ちないので追いつかず、疲れて来てペースが落ちだしたところで合流した。

かなり休むことが出来たので足はかなり回復している様子。

しかし絶対に無理をしてはいけない。

今日は標高2700mを越える。

少しの無理で一気にキツクなる可能性がある。

登っていく毎に道路脇に積もっている雪が増えていく。

事前の情報では5m積もっているところも有るらしい。

雪だけでなく霧も徐々に濃くなっていく。

周りの景色がほとんど見えないぐらい霧が濃い。

下りもこれくらい霧が濃いのであれば、前方が見えない為かなり危険になる。

その分遅くもなると思うので悪くは無いかもしれないが。

山頂まで2kmを切る。

レインジャケットを手放しで着ようとするが、速度がユックリ過ぎて安定しなくて危険。

仕方がないので一旦止まってからジッパーを半分ぐらい上げた状態で集団に復帰する。

気温が低いとはいえまだ上っているので、ジッパーを全部上げてしまうと暑い。

山頂が近づくにつれて霧が晴れ出した。

これぐらい見通しが良ければ下りは問題無さそう。

ちなみに周りの景色は霧が晴れても白一色、辺り一面雪だらけだった。

集団の6番手辺りで登り切りジッパーを全部上げて下りに入る。

前の5人が相当速く下る。

普段であれば付いて行こうとするのだが少しためらってしまう。

路面が湿っているように見える。

もし路面が湿っているのであればこのペースは確実にオーバーペース。

相当危険なことをしている事になる。

ビビッてしまって遅れる。

後ろにまだまだ選手が居るので問題ない。

それでも緩い右コーナーで踏み込んで遅れを取り戻そうとする。

そのタイミングで地面の凹みに突っ込み跳ね上がる。

ビックリしてブレーキを掛ける。

後輪がかなりスリップした。

普通はここまでスリップしない。

路面が湿っているか、滑りやすいかのどちらか。

いずれにしても絶対に攻めるべきではない。

ペースを落として下りだすと、後ろからグロスと2人の選手が「遅すぎ」とでも言わんばかりに一気に抜いて行く。

そして左コーナー手前でグロスが地面の凹みに突っ込んで跳ね上がる。

ブレーキをかけて後輪が滑りバランスを崩して、右の雪の壁に突っ込む。

グロスの後ろに居た2人も回避できずに壁に突っ込んだ。

グロスに突っ込まれて抉られた雪の壁がバラバラになって道の真ん中辺りまで飛び散る。

雪の壁に跳ね返されたグロスのバイクが道路の真ん中を結構な速さで滑って行く。

バイクに突っ込まないように注意しながら回避する。

そこからは更に慎重に下る。

後ろから他の選手に抜かれるたびに付いては行くが無理はしない。

しばらくヘアピンコーナーが連続してから直線的な下りに入る。

その辺りでは路面が乾いていたのでかなり高速で下って遅れた分を取り戻す。

下りの途中でカチューシャのチームカーと救急車が止まっていた。

誰か吹き飛んだんだろうか?

その後無事に前に追いつく。

壁に突っ込んだグロスも集団に復帰する。

そこからは前を曳いて疲れないようにグルペット後方で付いて行っただけ。

ラスと10kmの登りに入り、ラスト7km地点で無線から「ニーバリがマリアローザを4分離してゴールした」という情報が入って来た。

打ち切りのタイムリミットまでかなりの時間が有ったので、そこからはグルペットの全員がユックリしたペースで走りゴールした。

 

 

感想

 

前半のキツさが半端無かった。

ホテルでスタキオッティとも話したが、とても上がれる状態じゃなかったし、キツ過ぎて返事も出来ないと言っていた。

ペースが落ち着いてからは少し休むことが出来たし、その後もグルペットだったので楽が出来たが、落ち着くまでが70km近くかかったので疲労が半端無い。

筋肉もガチガチなのでしっかりストレッチをして、最後の山場である明日のレースに全力で挑みたい。

血反吐を吐いてでも完走するつもりなので頑張りを見ておいて欲しい。

 

 

キツさレベル

前半のダメージが半端無く、それ以降もペースは楽だと感じることが有っても足はずっとしんどいままだった。

昨日今日とかなりキツイが明日を耐え抜いて完走したい。

この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 2016 ジロ・デ・イタリア | 05:24 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

チマコッピ越えましたね!後2日頑張って下さい!(^^)!

| | 2016/05/28 05:35 | URL | ≫ EDIT

ちょいビビリくらいのほうが長生きしますねw
ここまで大きな楽写に巻き込まれもせず、無事これ名馬!
さぁゴールが見えてきたぜ!

| | 2016/05/28 05:54 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした。
グレガ・ボーレ先生、きっと大人気ですよ(笑)
序盤がまた速くて大変だったようで…。みんな逃げたいのでしょうね。
山頂からの凍結しかけた路面で落車しなくて何よりでした。
実質あと1日。仕事もしなきゃいけないのでしょうが、上手に立ち回って完走して下さい!登りでキツくなったら、日本からのみんなの声援が背中を押してることを思い出して下さい。あと少し。

| いちごう | 2016/05/28 06:00 | URL | ≫ EDIT

毎日ブログ見て、普段では見えないレースの様子を知り、元喜さんのがんばりに勇気をもらっています!
昨日の感動の逃げから一夜明けて、チマコッピ通過おめでとうございます。
明日を乗り切ってのジロ完走を日本から祈ってます!

| kasa | 2016/05/28 06:23 | URL | ≫ EDIT

今年のジロは、このブログのおかげで例年の何倍にも臨場感が増し、とても楽しく観戦しています。
グレガ先生Japan cupに出場するよう、是非進言してあげてください。おそらく大人気だと思います。
そして山本選手も、ご本人の想像以上にファンが急増してますよ!斯く言う私も、ジロが始まってからブログの存在を知り、ファンになった一人です。
ジロ、残りのレースはもちろん、ブログも期待しています。
FORZA !元喜!

| リットル | 2016/05/28 06:36 | URL | ≫ EDIT

今日もまた、ちょっと涙ぐみながらブログを読みました。
グレガ先生や、山本さんのブログに出てくる選手は、みんな日本で大人気ですよ!
もちろん山本選手ファンもたくさん増えたはず。
最後の山岳ステージも、クネゴのジャージキープと山本選手の完走のために、がんばってください!

| | 2016/05/28 07:36 | URL | ≫ EDIT

また涙出ました。70kmのアタック合戦って気が狂いそうです。下りの判断は賢明でしたね。あともう少し。全力応援してます。

| まみぐ | 2016/05/28 08:08 | URL | ≫ EDIT

今日も大変でしたね。でも無事下れてよかったですね。もう一日山岳ステージがんばって下さい!

| | 2016/05/28 08:12 | URL | ≫ EDIT

今日も ブログに感情移入し イッキ読み。無事でなにより、明日の活躍も期待しております。

| 勘違いのリハビリ | 2016/05/28 08:20 | URL | ≫ EDIT

お疲れさまでした。
昨日はチマコッピの下りはグルペットでも落車が起きていたのですね。
昨日はグロス選手が転んだのと全く同じような感じでクライスヴァイク選手が転び、これが原因でマリアローザを失いました。
山本選手は無事でなによりです。
完走が見えてきましたね。
カメラに映らなくても応援しています。
幸運を!

| moja | 2016/05/28 08:42 | URL | ≫ EDIT

さすが有言実行☆ スゴイです!
後は超キツそうな20ステージ。
‘’元喜ペース“で「完走」目指してがんばってください!!
日本から応援しています。毎日元気をもらえて感謝です。ありがとう(^-^)/

| | 2016/05/28 09:06 | URL | ≫ EDIT

無事チマコッピ乗り越えたね。元気の気合が日本にまで響いてきているよ。
チマコッピには下りに罠が仕掛けられていた。マリアローザをはじめ、数人がその罠にはまって、後ろを走っている元気の情報が無くて、ゴール後も心配だった。このブログを朝確認して安心した。
あともう2日、気合いだ~気合いだ~気合いだ~!

| ひろべ | 2016/05/28 09:13 | URL | ≫ EDIT

チマコッピ通過おめでとうございます。
ブログを読み、やっぱ自転車で登る場所じゃねぇ…と!
それでもペダルを踏んでいく姿に感銘を受けます。
GENKIブログを読みはじめてから、あの場所にいるチクリスタひとりひとりがこういう物語を抱えながら、戦ってるんだなあと思うようになり、ますます自転車が好きになりました!
ニッポのメンバーたちへの関心も高まっていると思いますよ!グレガ先生、はまってるなあ!
他では、チーム発信のML、クネゴーベルラ回も印象的でした。
ラストまで、熱い魂を、運んで! 応援し続けています!

| | 2016/05/28 09:14 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした。初コメントです。
今日のレースも相当キツかったのですね。実況を見ているだけではわからないことが沢山知れて、自転車レースがより良く分かる気がします。山本選手のブログを見て、さらに自転車が好きになりました。
私は山本選手より歳下ですが、色んな人が日本から応援しています!頑張って完走して、日本に帰って来てください!待っています!

| ナナ | 2016/05/28 09:57 | URL | ≫ EDIT

「今、日本ではカンヂェラーラの次ぎに大人気だよ」とグレガ・ボーレさんに伝えときましょうw

| アクアク | 2016/05/28 10:12 | URL | ≫ EDIT

テレビ越しに応援してます!

| なじけろ | 2016/05/28 10:38 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。kentと申します。
私は文章づくりが苦手で、コメントも初めてなのですが・・
レポートを読むにつれ、何か伝えたく。
背中押します!是非完走を。
こんなコメントでも力になればと思い。
追記・山本さんのレポート、現地の臨場感が伝わってきて、とても面白く拝見しています。
それでは、良いレースを!

| kent | 2016/05/28 10:57 | URL | ≫ EDIT

チマ・コッピステージ、お疲れ様でした!下りで激しい落車が発生していたので、元喜さんは大丈夫なのか、リザルトが出るまでやきもきしていました。冷静な状況判断、本当に素晴らしいですね。
最終山岳ステージ、元喜さんの頑張り、しかと見届けますよ!少しでも疲労が抜けるように、力になるように日本からパワーを送ります!頑張れ~!!

| ありお | 2016/05/28 11:33 | URL | ≫ EDIT

チーマ・コッピ越え、おめでとうございます。昨日と違ってテレビには映らなかったので、少し心配していました。落車で酷い目にあった選手もかなりいた中、冷静に対応出来ている様で、感心してます。
明日は、いろいろな意味で大きな1日になりそうですね。チームメンバーとして、個人として、あと一息、二息・・三息、気を付けながら頑張って下さい!

| | 2016/05/28 12:12 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様です!本当にお疲れ様です!
日本から元気玉、送ります!
どうか無事、ジロを完走されますように・・・
グレガ先生にも、よろしくお伝えください。
あと二日ー!!!

| 純吉 | 2016/05/28 12:25 | URL | ≫ EDIT

チマコッピお疲れさまです。色々と事件のあったステージでしたね…山本選手が無事走り終えて一安心です。残り2ステージ!絶対完走!!応援してます!もちろんグレガ先生も…笑

| haru | 2016/05/28 12:37 | URL | ≫ EDIT

チマコッピ越えましたね!良かったスゴイ!
毎回画面に登場するのを楽しみに観てます
20日めも応援してます
FORZA!GENKI!

| Aママ | 2016/05/28 14:14 | URL | ≫ EDIT

今日もテレビの前から応援しています!
このblogのおかげでジロが何倍も楽しくなりました。ありがとうございます。
完走楽しみにしています~。

| ことこと | 2016/05/28 18:03 | URL | ≫ EDIT

今日も応援してます!

| タコォ | 2016/05/28 19:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://genkibicycle.jp/tb.php/175-4a34fb0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT