PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スパゲッティ

選手というのはいろいろな国に行く。

今年だけでも、

アルゼンチン、イタリア、スイス、ベルギー、オランダ、トルコ、韓国、日本、中国、スペイン


色々な国に行っている。

一般の人とそういう話になると、当然として自分が訪れた国がどうだったかの質問をされる。

「アルゼンチンのサッカーは見た?」「イタリアのコロッセオは?」

「スイスのマッターホルンは?」「ベルギーのワッフルは食べた?」

「オランダのアムステルダムには行った?」「トルコアイスは食べた?」

「韓国でサムギョプサルは?」「中国で北京ダックは?」「スペインでパエリヤは?」

等など……

しかし、たいていの質問には「知らない」や「行ってない」という返答しかできない。

「じゃあ何しに行ってるの?」と聞かれるが……

「レースだよ!」

この一言に尽きる。

レースを走って、終了直後に空港へ移動なんてこともザラ。

 

そういえば、食べ物に関して「スパゲッティってやっぱり美味しいの?」

と聞かれることも良くある。

 

「スパゲッティ」が美味しいのか?と聞かれれば確かに美味しいという事に間違いは無いのだが、少し間違いがある。

スパゲッティだけが美味しいのではなくパスタ全般が美味しい。

日本でパスタと言えばスパゲッティみたいな感じが有るが、マカロニもパスタであるし、イタリア人的には「うどん」も「ラーメン」もパスタである。

要は小麦粉をコネて作ったものは全てパスタである。

で、肝心のスパゲッティが美味しいのか?という話だが、

確実に日本より美味しい。

お店に行かずに自分で茹でるだけでも十分美味しい。

個人的な予想であるが、恐らくヨーロッパの水道水が硬水であることが影響しているのだろう。

硬水で茹でることにより、パスタにコシが出て本当に美味しくなる。

その為、パスタにパルメザンチーズとオリーブオイルをかけただけの

「パスタビアンコ(白いパスタ)」と言われる簡単な料理でも十分美味しい。

イタリアに来た際には、ぜひ「パスタビアンコ」を食べて、硬水で茹でられた

パスタ本来の美味しさというものを体感してもらいたい。 この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| イタリア暮らし | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://genkibicycle.jp/tb.php/235-accbdc7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT