PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機材選び 後編

皆さんはどんなロードレーサーに乗っていますか?
前回はフレームについて触れましたが今回はパーツ周りについて触れていきたいと思います。

まずは高校生、大学生向け

コンポーネントは最上級のグレードを使う必要は全くなし。
自分個人的には電動かワイヤーのアルテグラで十分。

最上級グレードとその下のモデルの差は、使われている金属の質のみ。
グレードが高ければ高いほど軽くなる。
しかしその分、摩耗しやすかったり脆くなるという欠点もあったりする。
あと、壊れた時のショックが大きい。
自分で機材を買っているならまだしも、親に買って持っている人も多いはず。
わがままは言わないように。
自分のお金で買っている人は分かるはず。
自転車のパーツ分の金額を稼ぐのって大変。
そんなことを考える人はいないと思うがカンパを使いたい?それならアルテグラを2つ買いましょう。
自分が高校生の間は落車で削れまくったワイヤー式のアルテグラを使っていました。

ホイールはアルミで十分。
カーボンホイールを求めるぐらいなら練習しなさい。
その練習ホイールは当然、「安い、重い、頑丈」なホイール。
自分のおすすめはレーシング7

高校の時に壊して練習さぼろうとしましたが全く壊れず。
パワータップも練習内容によっては購入する価値あり。

パワートレーニングを理解していないならただの重いホイール。
パワートレーニングは心拍数でも一応、代用可能ということを知っておいて欲しい。
カーボンホイールは大学が購入している場合は使えばいいとは思うが自分で買う必要は全くなし。
学生の個人所有のカーボンホイールほどのムダ金は存在しません。
そこにお金をかけるぐらいならプロテイン等の体を作るための物にお金をかけましょう。
カーボンホイールじゃないと勝てないなんてことは全くありません。
ただの甘えです。
強度、ランニングコスト共にクリンチャーのアルミホイールで十分勝負できます。
自分が大学1年生の時に「ツール・ド・北海道」で勝ったときにはフルクラムのレーシングゼロを使っていました。

自分が高校生の時にオークションで購入したフロントカーボンのバイクについてきたものです。
そのレーシングゼロは最終的にフロントのリムがブレーキのかけ過ぎで削れまくり、使えなくなるまで履き潰しました。
そして、その後に使っていたのもレーシングゼロです。

ハンドル周りのパーツもアルミで十分。
重さが気になるならそれを補って余りある筋肉を付けましょう。
プロテインです。

一番大事なことを書きます。
フェラーリに軽自動車のエンジンを積んでも遅いままです。
軽自動車にフェラーリのエンジンを積むとクレイジーにカッ飛んでいきます。
大事なのはエンジンである人間の強化です。
フェラーリみたいな高級なバイクに乗る必要はありません。
そして何より、安いバイクで高級車に乗った人に勝つのはカッコいいし気持ちいですよ。
エンジンをプロテインで強化しましょう。


社会人の方

コンポーネントは最上級です。
ロードバイクに趣味で乗る以上そこに妥協は存在しません。
シマノとカンパ、スラム色々ありますが、自分個人の見解としてロードバイクに装着して一番カッコいいのはカンパです。
イタリアンデザインですので格が違います。
カンパを使う場合に限りグレードはレコードでもいいと思います。

ワイヤーか電動かはこだわらなくても良いと思います。
もし手が届くのならスーパーレコードに挑みましょう。

そしてそれを維持するために仕事を頑張るのです。
実は自分も個人的にスーパーレコードEPSのバイクを所持しています。

ホイールはカーボンホイール
分かると思いますが見た目重視です。
趣味で乗るバイクはカッコよさをとことん追求しましょう。
一番のおすすめはBORA50です。

カンパのコンポと合わせましょう。
自分の趣味的にはフルクラムのレーシングスピードも良いと思います。

自分との相性が良いのでフルクラムは自分のお気に入りのメーカーです。
普段使いはアルミホイールでもいいかもしれませんが、人前に持っていく際にはカーボンホイールを装着しましょう。
盗難には十分注意が必要です。

ハンドル周りのパーツもこだわるとすればカーボンで統一した方が良い気もします。
ステムがカーボンならハンドルも絶対にカーボンにするべきです。
メーカーも統一した方が良いですね。
中途半端は良くないです。
しかし、ステム一体型のハンドルは避けるべきだと思います。
輪行が大変ですし、ポジションの自由度が無くなります。

一番大事なことを書きます。
分かっているとは思いますが上を見れば金額に関しては天井無しの世界です。
高級機材を薦めてはいますがある程度ブレーキはかけましょう。
しかし、見た目重視になるのも事実。
自分のバイクが一番カッコいいと思えるものを作り上げましょう。
そのために稼いだお金をつぎ込むのです。
あと、カッコいいバイクに跨っているのが弛んだ体じゃ締まりません。
絞り上げたカッコいい体でバイクに跨りましょう。
それを手伝ってくれるのが……プロテインです。

トレーニングとプロテインで作り上げたカッコいい体で各々の愛車に跨りましょう!

この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 自転車 | 08:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

山本選手の所有している自転車について良ければブログで詳しく見せて欲しいです♪

| | 2017/02/26 20:42 | URL |

現在、高校の自転車競技部に所属しているものです。
トラックの機材選びについて教えてもらえないでしょうか?
現在部車を借りておりサイズが合わずピストバイクの購入を考えています。
また様々な競技におけるギア選択のアドバイスなども頂けると嬉しいです!

| | 2017/02/27 21:41 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT