PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

筋肉速報

皆さん、筋肉要素足りてますか?
「このブログのプロテイン推し、弱まってるな」とか思っていませんか?
安心してください。
今日はプロテインです。

このブログに綴り続けた筋肉とプロテインへの熱い思いが実を結びました。
報告します。
サプリメントメーカーが個人スポンサーに付きました。
わーい、パチパチ。
個人スポンサーについていただいたメーカー様の名前は「choice」様。
聞いたことないですよね?
失礼ながら自分も初めて聞きました。
申し訳ないのですが、かなり警戒して調べさせていただきました。
口に入るサプリメントを提供してもらう以上、ちゃんとしたところでなくては困ります。
「質の悪い物」や「安心できない物」を提供して貰うくらいであれば、自分で身銭を切ってでも良い物を購入します。
筋肉に重きを置く筋肉ライダーであれば当然のことです。
ウェブサイトを色々と見せていただき、代表の方ともお話をさせていただいた結果……。
むしろこちらからぜひお願いしたい!と決めさせていただきました!

以前、「サプリメントに含まれる人工甘味料等についてどういう意識を持っていますか?」と質問されたことがあります。
その回答がこれです。
http://choice-suppli.com/about/
http://choice-suppli.com/quality/
日本国内の工場で「安全に」「体に良い物だけに」徹底的にこだわって作られたサプリメントです。
さらに、ゴールデンホエイ(プレーン)とBCAA+はLGC社のアンチドーピングテストの検査をクリア済み。
MVM+やそのほかの製品も順次、検査を受ける予定という連絡を受けています。
ウェブサイトからは「アスリートの体の安全と強化のみを追求する」という強い意志を感じました。

熱い物を感じていましたので代表の方とお話をさせていただく前にぜひ提供をお願いしたいと考えていました。
お話をさせていただいてより一層、思いが強くなりました。
代表の方はオーストラリア人のサイモン・デューさんという方でした。
自分に合わせて日本語で説明してくださったのですが、ご本人は日本語が苦手な様子でした。
しかし、とても分かりやすく説明していただけましたし、情熱も感じさせてもらうことが出来ました。
イタリアに3年間いた自分としては、母国語以外の言語で商品の説明や自分の思いを正確に伝えるのがいかに難しいかということを身をもって経験しています。
そして何より自分の心に響いた一言があります。
「筋肉を見ればあなたがどれだけ努力しているか分かります」
最高の一言です。
この方は理解して下さっていると感動しました。

ということで、今後はchoice様にサプリメントを提供していただくことになりました。
詳しいインプレッションや紹介は後々行っていきたいと思います。
提供していただく予定の製品は以下になります。


ゴールデンホエイ(ココア味)
LGC社のアンチドーピングテストの検査をクリア済みのゴールデンホエイ(プレーン)に天然甘味料のステビアを加えて味を調整した製品です。


BCAA+
LGC社のアンチドーピングテストの検査をクリア済み。
BCAAのみでなくビタミンやイオン、グルタミンといった選手の体に必要な様々なものが配合されています。


MVM+
LGC社のテストを受ける予定のビタミンカプセル。
ビタミン以外にもアスタキサンチン、L-カルニチン、アルファリポ酸、CoQ10といったものがブレンドされている。
cyclowiredさんで紹介された商品。
http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/223866


プロテインシェイカー
ピルケース

その他にもいろいろと販売されています。
amazonのリンクはこちら
公式ページのリンクはこちら

今後もプロテイン&筋肉プッシュで行きたいと思いますのでよろしくお願いします。
当然ですがそれ以外の記事もアップしていきます!
お楽しみに!
この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 筋肉 | 10:03 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いつも拝見させて頂いております。
自転車競技に参加している大学生です。
心拍数の事についてお伺いしたいと思い、コメントさせて頂きました。

元々趣味で始めた自転車で、過去に競技部に所属していた経験がありません。
なので、昔から独学でトレーニングを行ってきました。
パワーメーターなどトレーニング機器を買うお金など無いので、ひたすら実走と筋トレでトレーニングを行っています。
チーム所属はしていないものの、今は昔と違い実業団の方と走る機会が多くありますが、かつては通学で1人、ド平坦片道15キロ弱をTTしていました。
トレーニングには必ずハートレートセンサーを付けています。

通学で走っていた頃は、信号や路地を走って15キロを40分少しで走っていました。
速度はなるべく40前後をキープしていて、心拍は常に170台か160後半まで上がっていたのを覚えています。
それを始めて何年か経った頃、ヨーロッパのプロ選手のデータを見る機会がありました。
彼らは速度に対する心拍数がやたら低く、「高負荷を与え続けていれば心臓はいずれ慣れて、心拍数は低くなる」というニュアンスの言葉をどこかで聞いたことがあり、それを信じてトレーニングを続けて参りました。
しかし、今現在40キロを出しても、相変わらず心拍数は170を越えているままなんです。
維持できる距離と時間は伸びていますが、かといって心拍数自体に変化がない上、同じ心拍数を維持したら昔の自分と同じペースしか刻めないことから、このトレーニングに本当に意味があったのか疑問を持たざるを得ません。

そこで、山本さんに質問です。
心拍数を抑えつつ、且つ速度を出すためにはどのような事に注意しなければならないのでしょうか?
また、心肺系のトレーニングで行っておられることや、宜しければ、私自身学生であることから学生時代に行っておられたトレーニングについてもご教授願えたらと存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

| | 2017/03/01 15:27 | URL |

買いました!

いつも楽しく拝見させてただいています。
早速、リンクからプロテイン購入しました!

| リンクから | 2017/03/02 03:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT