PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プロテイン感想

数日前にchoice様からプロテインを提供していただくことになりましたと報告しました。
今回、提供していただいたココア、抹茶、シナモンのプロテインを飲んだので感想をアップします。
ぜひ!プロテインの購入の参考に!してください!

まず前提として、自分はプロテインを豆乳で飲んでいます。
水は溶けやすいのですが味があっさりしすぎるので好きではありません。
牛乳に関しては一度に大量に摂取してしまうとお腹を下すからです。
内臓が頑丈と定評のある自分でも乳糖の分解能力は低いのです。
だから豆乳なのですが、豆乳であればソイプロテインも同時に摂取できるので1度で2度おいしいですね!
オススメですよ、豆乳!

全体的な感想としてamazonのレビューに書いてあったような「溶けにくさ」はそれほど感じませんでした。
このプロテインは300mlの液体に溶かす必要があるので、一般的な200mlの物と分量を間違えた結果でしょうか?
あるいはプロテインと液体の入れる順番によるかもしれません。
パッケージにはプロテイン→液体の順と書かれていますが、逆の順序で入れた方が溶けやすいです。
液体→プロテインの順で入れることでシェイカー底への張り付きも無くなります。
それに、プロテインの粉を先に入れてしまうと液体の分量が計りにくくなります。

溶けていないと思われた場合にはただ単にシェイク不足です。
もっと振りましょう。
右手と左手で交互に振ると疲れません。
全力で振り続けるのです。
腕が疲れる?
あなたが手に持っているのは何ですか?
そう!プロテインです!
シェイクで疲れた腕の筋肉を回復させるプロテインです!
プロテインはトレーニングで疲労した体だけでなく、シェイクで疲れた腕の筋肉も回復させて強化してくれます。
いづれはプロテインのシェイクで疲れない程に腕の筋肉が強化されることでしょう!

ちなみに、溶けないからといってレンジでチンして温めるのはダメです。
以前、他のメーカーの物でこれを試したことがあります。
プロテインのタンパク質が変性するらしく恐ろしくマズイものが出来上がります。
具体的には溶けていないプロテインがゴム化して味も激マズになります。
とても飲めるものではありませんでしたが、プロテインマスターを目指す以上、避けては通れぬ道と思い飲み干しました。

もし、溶けにくいプロテインを使っている方がおられましたら先に液体の方を温めておくことをお勧めします。

このプロテインの特徴として豆乳で溶かした際はかなり泡立ちました。
カプチーノを彷彿とさせるキメの細かい泡です。
泡が気になる人は練習前にシェイクしておくか、シェイク後少しの間放置しておけばいいと思います。
プロテインも放置で熟成されるのではないでしょうか。


前置きが長くなりましたがこれより、プロテインソムリエ山本元喜による、choice様のプロテインのテイスティングの評価を記述していきます。

ココア味


泡立ちが激しいがカプチーノっぽくなる。
色は普通にココアという感じの茶色。
匂いもココア。
味は薄めに感じた。
一番無難な選択肢。
少し薄めのココアといった感じ。


抹茶


泡立ちが激しいのはココアと同じく。
色は抹茶と言う感じの緑。
匂いは抹茶ラテ。
匂いも癖が無く飲み味もサラサラしている。
プロテインと言うよりもアイス抹茶ラテを飲んでいるような感じが強い。
あえて泡立たせたままにすることでアイス抹茶ラテ感が一層増す。
トレーニング後の一服のカフェ的な感覚で飲める。
プロテインに抵抗のある女性ライダーにもおすすめ。


シナモン


泡立ちは他と変わらず。
色は特に変化なし。
匂いはチュロスを思い出させる香り。
味はチュロス。
3つの中で一番甘く、甘党大喜びの味付け。
デザート感覚で飲めると感じた。


プレーン


今回は飲んでおらず。
飲み次第、更新する可能性あり。
プレーンという事で癖のない味だと思う。
野菜ジュース等に加えて飲むと美味しいかも。
他のフレーバーより金額が低いため、コストを抑えたい方におすすめ。


甘さの順的には甘い順に、シナモン→ココア→抹茶。
抹茶やシナモン味のプロテインは聞いたことが無かったので地雷ではないか、とかなり警戒していたが美味しくてビックリした。
特にシナモンに関しては他のメーカーでは作られていないようでchoiceでのみ味わえるオリジナルフレーバーになっている。
甘党の自分としてはシナモンが相当気に入った。
1回目はココアを1kg提供していただいたが次回はシナモンを頼む可能性が高い。
逆に甘いのが苦手という方には抹茶がおすすめ出来る。
他のメーカーとの味の違いを確かめたいのであればココアから入るのもあり。
今回は豆乳で試したので水に溶かした際にはまた感想が変わる可能性もある。


プロテインのインプレッションはこんな感じ。
半分以上がプロテインの作り方になっているがこんなもんだと思う。

エビバディ、プロテイン!
この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 筋肉 | 11:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT