PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JBCF宇都宮クリテリウム

クラス:Jプロツアー
開催国:日本
日程:3月18日
距離:60km

天候:晴れ
出場チームメイト:野中竜馬、中島康晴、雨乞竜己、椿大志、阿曽圭佑、山本元喜、中西健児

宇都宮で行われたJプロツアーの初戦。


レース前のミーティング

ゴールスプリントになれば雨乞で勝負し、逃げの展開になりそうであれば野中さんで勝負するという作戦。
他のメンバーは作戦が上手くいくようにアシストする。


レースレポート

レース開始。
パレード無しのスタート。
上位10チームは優先的にスタートラインに並ぶことが出来たので前から8列目辺りからのスタート。
前にいるとは言えない。
スタート後に宮澤さんが左から前に上がっていったのでそれに付いて行く。
先頭に出て一旦様子見。
今日のレースは3kmの周回を20周する60kmのレース。
1周回に7回のコーナーがありその内1つは180度ターン。
コーナーが苦手な自分としては好ましいコースとは言えない。
とりあえず最初のミッションは逃げのチェック。
有力な選手が多い逃げには野中さんが入ることで逃げ切りのゴールスプリントを視野に入れているが、それ以外の逃げにもチェックを入れておく必要がある。
複数名の逃げが決まった際にキナンが入っていなければ追う羽目になる。
人数が多かったり、コンチネンタルチームが複数名入っている逃げはチェックするか集団を牽引して潰す。
キナンの他のメンバーとも交代で対応しながらレースが進んでいく。
動いている感じだと足の調子は悪くない。
いい感じに足が回っている。
チームとしては積極的に逃げたい訳でもないのでレースの動きに沿って反応しているだけな感じ。
自分的には「逃げてみるのも調子が見れていいか」とも思いアタックに行ってみるが決まらない。
アタックの駆け出しはいいし、平坦の巡航も悪くない。
コーナーが致命的に遅い。
コーナー立ち上がりで踏んでから後ろを確認するごとに集団が迫ってくる。
自分先頭で逃げを決めるのは無理。
タイミングを見ては集団前方に上がってチェックという動きを繰り返す。
逃げが決まらないまま10周の中間スプリントを通過する。
ブリッツェンもマトリックスも積極的に逃げるという気配は無い。
この感じだとゴールスプリントの可能性が高い。
アタックに反応する回数を減らして終盤の牽引に備える。
そうは言っても集団が分裂したりするのは怖いので集団の比較的前方を維持しておく。
大集団のまま15周の中間スプリントを通過。
ゴールスプリントでほぼ間違いなし。
コーナーで下がった際に雨乞を見つけて側にいる。
コーナーのたびに離れては近くに戻る。
ラスト1周の手前で雨乞の前に入り、そこから前に出ていく。
ホームストレートで一気に前に上がろうとするが、他のチームに阻止されて失敗。
再び上がろうとするが、いろいろ足を使いすぎていて加速せず。
椿が右側から雨乞を引き連れて前に出ていった。
自分の仕事はそこで終了。
集団から千切れてゴール。
椿と野中さんのアシストを受けた雨乞が上手く一度って2位でゴールした。


感想

久しぶりにまともに走れていた気がする。
フィリピンでは暑さで体が動かず、先日のAACAではハンガーノックと散々だったので安心した。
明日はロードレースなので頑張る。
コース的にはアップダウンが連続するので、ハイスピードのレースになると思う。


キツさレベル

距離も短かったしこんな感じだと思う。
明日に向けて回復させたい。


チームスポンサー商品紹介

MINOURA(ミノウラ) FG220 Hybrid Roller ハイブリッドローラー
今回のクリテリウム前のウォームアップで使用した、ミノウラ様から提供していただいているローラーです。
固定と3本の間をとったという感じのローラー。
前輪を固定するのでバランスを崩してコケることはまず起きない。
前輪の固定部分にゴム素材が使用されており左右にバイクを揺らすことが出来るので固定よりも実走に近い感覚でストレスなく乗ることが出来る。
また、かなりコンパクトに折りたたんで専用の収納ケースがに納めることができ、重量6kgなのでレース会場でのアップにオススメ!
この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

| レースレポート | 20:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT