PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日焼止め

あと少し日にちが進めば暑くなり始めますね。
暑くなり始めれば半袖で練習しますよね。
という事で今回は日焼けについてです。

皆さん日焼けは好きですか?
自分は大好きです。
黒く焼けた肌、「練習頑張ってます」感があって素敵だと思います。
しかし、日焼けが健康にいいのか?と聞かれると答えはNOです。
長期的に見れば日焼けは将来のシミや皮膚がんに繋がります。
短期的に見てみれば日焼けはダメージですので回復に体力を使います。
特にレース期間中はただでさえレースで疲れているのにそこに日焼けの回復も、となるとパフォーマンスはさらに低下します。
毎年シーズン初めの熱い地域で行われるレースで自分はガンガン焼いているのですが、実に非効率ですね。
去年のアルゼンチンとか焼き過ぎて皮膚がバキバキになってしまっていました。
皮膚がんまっしぐらです。
絶対に真似しないようにしましょう。
基本的には焼かないことがベストなのですが「焼けてしまった、どうしよう」という際にはアイシングが効果的です。
冷たい水などで焼けた部分を冷やすという事です。
日焼けは分類的にヤケドと同じなので一緒の対応で大丈夫だと思います。
体の火照りが収まるまで繰り返すと翌日の疲れ方が全然違います。

上で焼かないことがベストと書きましたが、ではどうやって焼かないのか?というとお馴染みの日焼け止めです。
しかし一般的に販売されている日焼け止めはそこまで効果が期待できません。
なぜならロードレースは大量に発汗しますし、暑い時には頭から水を被ったりするからです。
せっかく塗った日焼け止めが簡単に水で流されてしまうのですよね。
ウォータープルーフの物もそこまで信用できるわけではありません。
何種類か使ったことがありますがレース後に焼けていることが多いですし、水で洗えば簡単に落ちてしまいます。
水洗いで落ちる日焼け止めはそこまで信用できません。

さぁここまで前フリしたうえで紹介します!
キナンサイクリングチームがサポートを受けている「Top Athlete Sun Protect 'Fighter'
まさに最強と言って過言ではない日焼け止めです。
1度塗れば水では絶対に落ちません。
汗でも絶対に落ちません。
その効果は今年のフィリピンで実証済み。
途中まで日焼けするために使用していなかった自分ですが「流石に焼けすぎ」となり使用しました。
その結果、一切焼けず。
「そこまでカットする?」と言うレベルで日焼けを防ぎます。
塗ってはいたものの多少焼きたかった自分は残念な気持ちになりました。
そして落ちない。
「もういいから!」というレベルで落ちません。
雨やら泥水やらでドロドロになったフィリピンでしたが、落ちていませんでした。
レース後に肌を擦っても落ちませんでした。
それもそのはず、この日焼け止め“スウェットプルーフ”らしいです。
ウォータープルーフを越える新発想らしいです。
皆さん聞いたことありましたか?
自分はコレを紹介するために調べて初めて聞きました。
紫外線を弾く度合いの数値であるSPFは当然マックスの50+。
以前お聞きした説明では日本の法律上50+までしか表示することが出来ないらしく、55でも100でも50+という表記になるとの事でした。
50+としか表示できないのがもどかしいほど紫外線を弾きます。
ちなみに紫外線を弾く物質は沈殿しやすいらしく、使用前にしっかり振りまくってくれという事でした。
日々プロテインのシェイクで鍛え上げた筋肉で振りまくりましょう。
そんな弾いて落ちない日焼け止めを落とす方法は1つ。
クレンジングオイルのみです。
専用のクレンジングオイルが用意されています。
Waterproof Cleansing Oil」これです。
あれだけしつこかった日焼け止めが簡単に落ちました。
ちなみに人生で初めてクレンジングオイルを使いました。
自分の人生においてクレンジングオイルなんてオシャレなものを使う日が来るとは思いもしませんでした。
使ってもせいぜいチェーンオイル程度だと思ってました。

この日焼け止めがあれば日焼けを気にして夏場に長袖を着込んでサイクリングされている女性の方も、その美しい肌を周りにアピールすることが出来ますよ!

日焼けを気にする女性サイクリストも、疲労を気にする男性サイクリストの皆さんもTop Athlete Sun Protect 'Fighter'で紫外線から肌を守りましょう!

クレンジングオイルセットの「Top Athlete Sun Protect 'Fighter' & Waterproof Cleansing Oil スタートセット」も販売されています。
この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 日記・コラム・つぶやき | 07:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT