PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

むくみ対策

もうじき本格的なゴールデンウィークが始まりますね。
皆さんはどこか旅行等に行く予定を組まれているでしょうか?
そういうわけで今回は移動中のむくみを予防する方法についてです。

レースやイベントに参加するとなれば移動は必須です。
しかし、移動すればだいたいの場合は脚がむくんでしまいます。
脚がむくんだ際の問題点としては脚の動きが悪くなったり、重くなったりするというところですね。
出来れば最小限に抑えたい、それがむくみに対する共通認識だと思います。
そこで自分が移動中に取り入れているむくみ対策について触れていきたいと思います。
まず、車での移動の際に取り入れている方法です。
車での移動の際には基本的に「足を高い位置に上げておく」という方法しかありません。
出来れば心臓の位置より高い位置にキープしておくのがベストです。
ロードレースの移動中でもバスの中で脚を上げている光景はよく見ます。
なにも彼らの行儀が良くないわけではなく脚がむくまないように対策をしているだけなのです。
とは言っても、自力で運転する方もおられるでしょうし、脚を上げ続けるというのはかなり辛い物があると思います。
そこで多少むくんだ際の対処法として「歩く」というのがあります。
運動してふくらはぎの筋肉を使えば多少は脚のむくみが解消されるのです。
車での移動でSAやPAに止まった際には用事が無くても降りて歩くことをお勧めします。
少しでもやるのとやらないのとでは大きな差になってきます。
次は飛行機での移動の際に取り入れている方法です。
ここでも基本対策は脚を上げるという方法です。
空いている飛行機では3席使って横になることもありますし、混んでいる機内では前の席のひじ掛けの付け根に脚を乗っけたりしています。
ですが、気圧の影響もあってか絶対と言っていいほど脚がむくみます。
あとはそれをどの程度に抑えるのか?という事になってきます。
むくみを抑えるために自分が意識しているのは「機内食を食べない」という事です。
上空では人の味覚が変化するため、美味しい料理を提供するために機内食には多くの塩分が含まれています。
塩分の過剰摂取は体のむくみを引き起こします。
なので自分は機内食に絶対に手を付けません。
「フィッシュorビーフ?」の時点で提供を断ります。
その代りにあらかじめ出発地点の空港で機内食の代わりになりそうな食べ物を購入して持って行っています。
また、車の時と同じく時々歩くというのも有効です。
機内で脚を触ってみてむくんでいると感じたら少し席を立って歩いてみましょう。
それ以外に自分が最近気になっているのは、テーブルの付け根に布を通して脚を高い位置に上げるという商品です。
多少なりとも効果があるらしいので今度試してみたいと思っています。
また、コンプレッションソックスというものも効果があります。
脚に着圧をかけるというもので力ずくでむくみを抑える商品です。
そこまでしてもむくみを完全に無くすことは不可能です。
最終的には現地についてから軽くトレーニングに行く事と、以前から紹介している足まくらを使ってむくみを取ります。

これから始まるゴールデンウィーク、むくみを少しでも抑えて楽しむために今回紹介した方法をぜひ試してみてください!
むくみとりにはマッサージも有効ですよ! この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 日記・コラム・つぶやき | 09:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT