PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海外での注意

ゴールデンウィーク直前という事で今回も旅行に関する内容です。
海外に行く予定のある方はぜひ読んでもらいたいです。

このブログを読まれている方で海外に旅行に行かれる予定のある方はいるのでしょうか?
自分が思うには読者の多くの方がゴールデンウィークはロードバイクに乗っているような気もしています。
あまり為にならない記事になってしまうかもしれませんが、いつか海外旅行に行かれた際に参考にしてもらえると嬉しいですね。
では、メインの内容に入っていきます。
今回の内容は海外での防犯に関してです。
海外ではスリ等が非常に多いです。
特に貴重品に関しては細心の注意を払う必要があります。
観光地は特に危険地域です。
人ゴミにもまれて「気が付いたら貴重品が無くなっていた」という事になりかねません。
まずは海外でスリから身を守るポイントについて解説していきます。
まず、貴重品を背後に回さない。
バッグやお尻のポケットなんかには絶対に財布を入れないでください。
奪ってくれと言っているようなものです。
基本的に貴重品は小さい鞄に入れて体の前側に持っておきましょう。
そして落ち着いて観光しましょう。
キョロキョロしたりはしゃいだりしていると「私は観光客で浮かれています」と言っているのと同じです。
そういう人はカモにされやすいと話に聞きました。
そして「私は警戒しています」という雰囲気をしっかりと作りましょう。
例えば上でも上げたように鞄を体の前側でしっかりと持っていたり、定期的に財布があるかチェックしたりするのは効果的です。
スリを行う側としても、わざわざ注意している人よりも気が緩んでいる人の方が狙いやすいのです。
分かりやすく警戒していればスリの被害にあう確率はかなり低くなります。
また、スリだけでなく荷物の盗難にも注意する必要があります。
人が多い所ではカバンやスーツケースから絶対に目を離してはいけません。
一瞬でサラッと荷物は無くなります。
意外と安心しがちになるのがホテル室内に置いた荷物。
安心してはいけません。
高価なものを見えるところに置いておくと清掃員の方に盗まれることがあるという話を聞いたことがあります。
ホテルの室内での貴重品の管理は自分のスーツケースにしまっておいて鍵をかけるというのが一番安全になります。
それ以外にも厄介ごとに巻き込まれないために人の少ないところには近づかないようにしましょう。
観光地であっても路地を一本入ると人気の少ない薄暗い道になるという事もザラです。
そして一人で動かないように気を付けてください。
もしもの時のために最低でも2人、できれば3人以上で行動すると安心です。
日本は非常に安全な国であるため日本人の観光地での警戒は非常に低くなっています。
トラブルに巻き込まれないためにも浮かれ過ぎず、海外は日本より危険が多いという事を意識して防犯してください。
防犯がしっかりしていれば思う存分楽しめるはずです! この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 日記・コラム・つぶやき | 09:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT