PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

回答 File23

質問
プロの選手がレース中落車した時に、チームバイクからスペアバイクを受け取って走る様子がよく見られます。
その時にメカニックが受け取ったメインバイクはレース後にはまた使用するのでしょうか?

それとも交換するのはフレームがダメになっていて、廃車になってしまうのでしょうか? もしご存知でしたらお教えいただけたら幸いです。

回答
結論から言うと「問題個所を修復して再利用」します。
レースでの落車においてバイクを交換するパターンにはいくつかパターンがあります。
代表的なものを上げると「フレームの破損」「パーツの破損」「メカトラブル」になります。
まずフレームの破損に関してはそのフレームは使用できなくなりますのでレース後に新しいフレームと交換、破損したものは廃棄となります。
度合いにもよりますが多少の削れ程度や塗装の剥がれ程度であれば、そのまま或いは塗装しなおして再使用することもあります。
激しい落車の際には外見が問題なさそうであっても内部で問題が起きていることがあります。
そのため再使用するにあたり、内部のチェック等を非常に細かく行うので危険性はありません。
大きな落車で特に起きやすいのがヘッドチューブ内でのコラムの破損ですので、皆さんも大きな落車に巻き込まれた際には必ずチェックしてください。
次に、フレームの破損に関しては破損した部分を交換して再使用します。
部品ではなく部分としたのは、例えば落車でブレーキレバーが削れたのであればレバー部分のみの交換となるからです。
破損したからと言って全交換とならないのは意外かもしれませんが、そこにはいろいろな理由が存在します。
落車するたびにパーツを全交換していては半端ではない量のパーツが必要になり、機材提供して貰う企業への負担も機材を会場へ持ち込むチームの手間も大変なことになります。
そこで破損したパーツの部分のみの交換となるわけです。
大きく破損したパーツに関しては全交換したうえで、使える部分がスペア部品としてストックされます。
バイクチェンジに至らずとも落車で破損したパーツがある際には、翌日或いは次のレースに向けてレース後に交換となります。
ちなみに破損したパーツ等はスポンサーしてもらっているメーカーに送り返すようで破損後もしっかりと保存されています。
最後のパターンはメカトラブルとなります。
落車には非常に激しい衝撃を伴いますので、バイクが無事であっても何かしらの異常が発生することが多々あります。
変速機周りの湾曲や破損に始まり、エルゴレバーやSTIの強烈なズレや曲がり、ペダルの破損等様々です。
基本的には小さなトラブルであれば、その場で自分で対応して再スタートした方が早く復帰できますのでバイクチェンジには至りません。
しかし再スタート不可能なトラブルが発生した場合にはバイクチェンジとなります。
自分が今まで経験したトラブルとしてはペダルのバネの破損があります。
シューズをペダルに固定することが出来なくなるのでバイクチェンジとなりました。
メカトラブルの際にはバイクチェンジ後メカニックがチームカーに乗りながらバイクの修理を行うこともあります。
1度のレースで落車が1回とも限りませんし、選手によってはスペアバイクを嫌う選手もいるからです。

いずれの場合でも落車が発生した日にはメカニックの仕事量が増えます。
極稀に見られるバイクトラブル時にバイクを投げ捨てるアレは更なるトラブルを誘発するメカニック泣かせの行為ですのでやめてあげて欲しいですね。

皆さんも大きな落車等に巻き込まれた際には安全のためにしっかりとバイクチェックを行ってください! この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 回答 | 20:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

追加質問

質問への回答ありがとうございます。
落車に関して追加でご質問したいのですが、落車した時にフレームとフォークが廃棄レベルになってしまうことはよくあるのでしょうか?
カーボンフレームで、クリテリウムなどに出場した時に落車でフレームが廃棄になってしまうのが心配でアルミフレームで出場しようか迷っています。
集団落車と単独落車での時でも違うと思いますが良かったらご回答お願いいたします。

| K.N. | 2017/06/14 20:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT