PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

減量リベンジ

現在、減量に再チャレンジしています。
3週間で3kgの減量に成功中!その内容を何回かに分けて紹介します!

事の始まりはツアー・オブ・ジャパン期間中に遡ります。
富士山ステージを終えての感想「全然登れない……」
とにかく登りが辛い、このままでは今シーズンの重要目標の一つであるツール・ド・熊野でまともな成績を出すことが出来ない。
そんなことを悩んでいた伊豆ステージ前日、偶然お風呂場で体重計を発見。
「おっ!久しぶりに体重でも計るか!」と気軽に乗ったが運の尽き。
表示される64.7kgという過酷な現実。
薄々勘づきながらも、目を逸らしていた「減量」の2文字が突き付けられた瞬間でした。
とりあえず必要とされることは急速な減量。
無駄な贅肉を一刻も早く落として少しでも体を軽くすることが課題となりました。
そこから始まる急速な食事制限。
レース中という事もあり消費カロリーは充分。
後は入ってくる分をいかに極限まで減らすかというところが重要になったわけです。
シーズン初めに減量に挑戦し、レースでハンガーノックになるという愚行を犯している自分にとってかなりシビアな食事制限が始まりました。
食事における糖質と脂質を制限し、代わりにタンパク質の摂取量を上げました。
糖質を制限したのは体内の脂質を少しでも多くエネルギーに変えることで体重を減らすためです。
そこで重要な役割を果たしたのが個人スポンサーであるchoiceさんから「試してくれ」と渡された新商品のL-CARNITINEケトバーン
この2つに関して詳しい紹介をします。

L-CARNITINEは脂肪をエネルギーに変える過程で必要な栄養素です。
体内にも存在するようですが年齢とともに減少するので、サプリメントでの補給は効果的なようです。
またL-CARNITINEは先ほどの脂肪をエネルギーに変える働きの促進によりスタミナアップやパフォーマンスアップも期待でき、疲労回復にも有効な成分ということです。
choiceさんが使用しているカルニピュア(特許成分)のサイトにはいろいろなエビデンスが掲載されています。
詳細は下のリンクから
http://l-carnitine.jp/sports/index.html
L-カルニチンは、リキットタイプのカプセルを採用しているため、少量で有益成分であるL-カルニチンだけを高含有量詰め込んだものに仕上がっています
トレーニング前の摂取が効果的ですが、トレーニングがない日には食後や就寝前などに
摂取し継続的に摂取するとより効果が出ます。

ケトバーンはいわゆるダイエットサポートの商品です。
脂肪燃焼に有益な成分EGCG,カフェイン、とエネルギー代謝を促進する働きのあるALA,COQ10や筋量の維持にも効果的なフォルスコリといった配合でトータルで脂肪燃焼をサポートする配合になっています。
摂取タイミングとしてはトレーニング前くらいがオススメです。。

L-カルニチン
ケトバーンは相乗効果があるので一緒に摂取するとより高い効果が期待できます。
また、choiceさんのホームページには詳細等が記載されていません。
その理由を確認したところ、薬事法および景表法の関係で詳細や摂取タイミングなど薬と誤認される恐れがある内容は掲示ができない状況のために、シンプルな作りとなっているとのことでした。

更に両方ともWADAのアンチドーピングテストに合格しているため、選手でも心配することなく使用することが出来るというのは非常に良い強みでもあります。

レース期間中にはスタート前にL-カルニチンケトバーン、更にBCAA+を摂取してスタートラインへ。
更にそこに追い打ち、という事でボトルの中身にヘルシア 緑茶をぶち込んで脂肪燃焼をブースト。
その結果、なんと!ツール・ド・熊野までに2kgの急速減量を達成。
予想以上に登れる体に変身しました!

つづく。
この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 自転車 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT