PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

減量リベンジ その2

現在、減量に再チャレンジしています。
3週間で3kgの減量に成功中!今回は2回目です!

1回目の記事はコチラ

前回で紹介したようにツアー・オブ・ジャパン終盤からツール・ド・熊野までのわずか5日で2kgの減量に成功した自分。
そのおかげで総合7位にも入ることが出来ました。
さて前回紹介したL-カルニチン、そして最後にサラッと触れたヘルシア緑茶ですが注意点があります。
この2つには「運動における脂肪の燃焼を促進する効果」があります。
したがってただ単に飲んでいれば痩せるというものではありません。
運動することが前提という事ですね。
有酸素運動の割合が多い自転車との相性は非常に良いのではないか?と自分は考えています。
ケトバーンは単純に脂肪を燃焼させやすくするので運動せずともある程度効果があるようですね。
いずれにせよ体重を減らしたいのであればサプリメントを飲むだけでなく「運動する」ということが非常に重要になります。

とにかく一刻も早く減量する必要があったため、多少無理をしつつも2kgの減量に成功した自分ではありましたがそこからはかなり慎重に体重を減らしていきました。
そもそも急速な減量はオススメできません。
急激に体脂肪を落とすと免疫も落ちることが多く風邪を引いたり体調不良になることが多いからです。
また、筋肉内の糖質が失われ過ぎると筋肉を動かすエネルギーが無くなるため踏めなくなります。
速くなるために体重を落としているにもかかわらず力が入らなくなり遅くなるという最悪の結果になるわけです。
また、無計画な食事制限だけの減量は体脂肪だけでなく筋肉を落とすことになってしまいます。
速くなるための減量はいかに筋肉量を落とさずに体脂肪だけ削ぎ落すかの勝負になります。
ツール・ド・熊野後も食事制限を少し緩めながらも続けつつ減量を続けました。
まず、重要なことは筋肉量を落とさないこと。
という事で筋肉量の維持に役立つサプリメントHMBの登場です。
以前に紹介した記事が有るので詳しくはこちらを参考にしてください。
実は前回紹介した直後にamazonから商品が消えました。
不思議に思いchoiceさんに問い合わせたところ「予想を上回る売れ行きで売り切れてしまった」との事でした。
つい先日に再入荷されましたので、気になっておられた方は是非試してみてください!
そこに加えてプロテインの量を2倍にしました。
普段の生活では十分にタンパク質を摂取でいていないハズ(山本元喜調べ)なのでプロテイン2倍摂取でも何の問題もありません。
それでもタンパク質が足りないのではないか?と考えた自分は生ハムを食事に導入。
いろいろと探した結果、コストパフォーマンス重視で鎌倉ハム 生ハム切落し 500gに至りました。
食べ始めてから知ったのですが、生ハムは他の豚肉に比べてアミノ酸の含有量が非常に多くなっています。
どうやら半分腐って熟成されているためらしく、その段階においてタンパク質が分解されてアミノ酸に変わっているようです。
その含有倍率は凄まじく豚肉の30~50倍、ハムの12倍もアミノ酸が含まれているとの事です。
やっぱり腐る熟成させるというのは大事なことなのですね!
ビタミンとミネラルも豊富なうえに食品添加物が少なく、低カロリー高タンパク質といいことばかりの生ハムです。
自分が食べている生ハムはいい意味で日本人に合わせて作られているようで生ハム特有の臭みもかなり抑えられており非常に食べやすくなっています。
脂肪をあまり摂取したくないという事もあり、脂身の部分はチマチマと千切りながら食べています。

まだつづく。 この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 筋肉 | 20:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いつも楽しく拝見させてもらっています。
現在の身長 体重 体脂肪教えていただけないでしょうか?プロ選手の体組成が気になります

| 山 | 2017/06/20 13:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT