PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハートレートセンサー

皆さんはハートレートセンサーを使用していますか?
今回はハートレートセンサーに関する話です。

トレーニングとして自転車に乗っている人はもちろんとして趣味で乗っている方も使用している心拍計。
パワートレーニングを行うための機材を導入するのにはお金がかかるし、という方も使用されていると思います。
パワートレーニングを行っている自分もハートレートセンサーは使用しています。
理由としては出力だけでは調子を完全に読むことができないからです。
パワー練習において全力で踏むという事は稀です。
一定の負荷の反復練習が多く、踏み切れないという事はあまりありません。
そこで問題になるのがその練習でどれくらい辛かったのか?という事になります。
感覚的には「今日の練習はしんどかった」と思ったりしますが、それがどれくらい体にダメージを与えたのか?という事は感覚では分かりません。
そこで心拍計の登場です。
同じ反復練習の内容であっても、心拍数の変化からダメージを読むことができます。
データ分析の専門家ではないので詳しいことは分かりませんが。
例えば、同じ負荷の反復練習でも後半のセットに行けば行くほど心拍数が上がっていればダメージが蓄積しているという事がわかります。
逆に反復していても心拍数が常に一定、あるいは低すぎる場合にはもう少し負荷を上げる必要があるという事だろうと予想は付きます。
計測される出力は調子が良くとも悪くとも変化することは無いのでトレーニングの基準として使うことができるというメリットがあります。
心拍数には、体調に応じて変化するためトレーニングの基準としては扱いづらいですが、体調を知るという面において非常に重要です。
日によって変化する心拍数はコンディションを如実に表しているからです。
出力を見ているだけでは分からない細かな体調の変化を心拍数で知ることができます。
また、その時点での体にとっての辛さが分かるという心拍数の特性を利用して、自分は調子をバッチリ合わせて挑むタイムトライアルなどでは出力よりも心拍数の方に注意することがあるくらいです。

さて、ここまで心拍計の重要性を解説してきましたが、皆さんは心拍計が好きですか?
ハッキリ言って自分は嫌いです。
嫌いでした、と言った方が正しいかもしれません。
心拍数のデータが重要なことは分かってはいるのですが、心拍ベルトのあの締め付けがかなり嫌いなのです。
キツク締め過ぎるとレース中に胸元が圧迫されているように感じて息苦しくなりますし、かといって緩いと下がって来て気が散ります。
自分が大学卒業1年目の全日本選手権では心拍ベルトの締め付けが嫌すぎてレース中に外して補給所で投げたくらいです。
自分以外にもこういう思いを持っておられる方はいるのではないでしょうか?
締め付けの無い心拍ベルトがあれば理想的ですが有るはずも無く……

……あるよ。

さぁ、長々と前置きをしましたがここからが本題です!
今日、紹介するのは締め付けの存在しない心拍センサー「heartrate censer pad air
です。
このセンサーパッドは心拍測定を行う電極を体に張り付けることで心拍ベルトの締め付けから解放されるという画期的なものです!
去年の年末にチームの方から紹介していただき、自分も使っています。
心拍ベルトを親の仇の如く嫌っていた自分にとっては言葉を失うレベルの感動でした。
レースはもちろんの事、日々のトレーニングでも使用しています。
あの締め付けから解放されたおかげで何をするにしても心置きなく集中できます。

では「heartrate censer pad air」の紹介を。
まず、センサーパッド。
肌に接触する電極の部分は医療分野での応用も期待されている生体電極で作られています。
この電極を使って胎児の心拍数を計る研究が行われているという話を聞きました。
そしてその電極を肌に張り付ける固定テープ。
20μという超極薄の素材で作られています。
日本以上に認可の厳しいアメリカで医療用の製品として認可が下りている物らしく、日本にほとんど入ってきていない素材だと聞きました。
電極は繰り返し使えますが固定テープは使い切りになっています。
固定テープで張り付けた電極に心拍センサーを取り付けて測定します。
心拍センサーに関しては専用の物ではなくGarminやPolar、Cateye、Sigmaといった一般に出回っている物を流用することができます。
固定テープの貼り付けには少しコツがいりますが、一度しっかり貼り付ければ途中で外れるという心配はいりません。
電極も固定テープもまだまだ発展中らしく、自分も感想やアイディアを報告しています。

おそらくこれから流行るであろう張り付ける心拍計、心拍ベルトの締め付けが辛いという方はぜひ試してみてください!
heartrate censer pad airを開発されたプロキダイさんのホームページはコチラ! この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 自転車 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT