PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

回答 File28

質問
体幹トレーニングを就寝前にするのには理由があるのでしょうか?

回答
体幹トレーニングを就寝前に行うと疲れて寝やすいからです。
それに、それ以外のタイミングで行うとその日のその後の予定において常に体幹にキテいる状態が続くので辛いです。
このような理由で自分は就寝前に行っていますが、発汗量がかなり多くなるのでしっかりと汗を拭いて寝ることをオススメします。
また、体幹トレーニング終了後にはプロテインを摂取することもオススメします。

質問
自転車乗る様になりお尻や股にぷっくりとしたデキモノが時々出来るようになってきました。デキモノの場所が悪いとサドルに乗るだけでも激痛が走ります(´・ω・)
何か特別なケアはしてますか?
例えばこのサドルだったらいいよとか、ウェアはこのメーカーのパッドがいいとか、周りの選手はこんなケアしてますとかあれば教えてもらいたいです♪
30代 男性 ホビーレーサー
HMBを飲むようになったら、朝の目覚めがスッキリして疲労感も感じなくなり、仕事前に朝練一杯出来る様になりました♪

回答
HMBの効果を実感して貰えて何よりです。
これから確実に浸透していくであろうHMBですのでメジャーになる前に使い始めていると、いざ広まった際に「前から使ってたけど?」と言えるのもサプリメント好きとしては嬉しいポイントですね。
さて、本題の質問に関してですが、選手をしていれば誰もが多かれ少なかれ股のトラブルは抱えていると考えていただいて間違いありません。
股ズレであったりデキモノであったりトラブルには事欠きません。
乗車姿勢において一番力が加わり続ける部分ですし、擦れる部分でもありますので仕方が無いのかもしれません。
ウェアやサドルに関してはアドバイスすることが出来ません。
人によってポジションや股間周りの形状は様々なので、自分に合っているからと言って他人に合うとは限りません。
「これなら絶対に股ズレしない!」なんて言う選手が居れば『メーカーの回し者』と考えてもらってまず間違いありません。
ですので、サドルやウェア以外で股ズレやデキモノのリスクを減らす方法を紹介したいと思います。
選手であっても、いや選手であるからこそ己の股を守るために様々な手を尽くしています。
股の崩壊を座して受け入れるような選手はいないのです。
一番メジャーな方法としては股ズレ防止クリームを塗るという方法があります。
勘違いしている人も多いですが股ズレ防止クリームはパッドに塗り込む必要があります。
しかしこの方法、自分はあまり使用していないので詳しくは知りません。
なぜクリームを塗りこむと股のトラブルが抑えられるのか謎ですし、後述しますがクリームはクリームでリスクがあるからです。
似たようなものにキナンがサポートを受けているイナーメさんのChamois GELというものがあります。
これはパッドに塗り込むのではなく肌に塗り込んで使用します。
ワセリンに近い物で肌の擦れを抑えます。
それだけでなく炎症防止・抗菌作用、さらんには 皮膚再生効果もプラスされている優れものです。
トレーニング後にも使用することで傷の悪化を抑え回復を促進する効果があります。
股のトレブルが発生してからも対応することが出来るのがChamois GELです。
そもそも、なぜ自転車に乗ていると股周りにトラブルが発生すると思いますか?
長年の自分の経験から導き出された結論は「菌が溜まって不潔だから」です。
したがって股周りのトラブルには除菌!殺菌!清潔!これが一番効果的です。
レーサーパンツのパッドには思った以上に菌が繁殖しています。
元々不潔な個所に接触する部分ですし、股ズレクリームの洗い残しなんかも菌の繁殖の原因です。
まずはそこを除菌しましょう。
洗濯前のパッドに漂白剤をかけて見て下さい。
恐ろしいほどに泡立って発熱します。
ちなみに漂白剤は菌の無い所では全くの無反応です。
泡立ったという事は菌が繁殖していたということです。
そして次は自分の股の手入れです。
分かっているとは思いますが、股には菌が溜まります。
シッカリと、本当にしっかりと入念に洗いましょう。
擦り過ぎて擦りむいてしまっては元も子もなくなりますので気を付けて下さい。
自分のオススメの手段としては毛を剃ってしまうというのも有りです。
ジャパニーズ的には慣れない姿になるので抵抗があるかもしれませんが、海外的には全然アリです。
股周りの毛というのは菌の温床になりますのでそれが有るか無いかでは大きな差が出ます。
自分もステージレース前には剃ってたりします。
股の毛の処理には使い捨ての剃刀がオススメです。
細心の注意とある程度の剃刀を使用しないと切ってしまって言葉に出来ない悲しみに襲われると思いますので気を付けて下さい。
そして以外と見逃されがちなのがレース前に股を清潔に保っておくという事。
すなわち、レース前に大便してしまった際のウォシュレットです。
これには自分も最近、気が付きましたが、非常に重要です。
ウォシュレットで仕上げるかどうかによってレース後の股の状況には天と地の差が出ます。
ウォシュレットが無いトイレでは「尻が擦り切れるんじゃないか?」というくらいしっかりと拭きましょう。
質問者さんの股のトラブルが解決しより一層朝練がいっぱいできることを祈っています。

自転車に乗る人々にとって股のトラブルというのは永遠の課題であります。
股に困った人々がこの記事に出会う事で少しでも救われることを祈っています、アーメン。

股にトラブルを抱える皆さん、少しでも多くの同志を救うためにシェア・リツイートでの拡散よろしくお願いします。

この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 未分類 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT