PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アスリチューンシリーズ

今回はキナンサイクリングチームにも提供を頂いているアスリチューンに関してです。
補給食なんてどこの物でも一緒でしょ?って方、必見です。

キナンサイクリングチームにも供給していただいている株式会社隼さんのアスリチューン
実は自分も詳しくは知らず「補給食でしょ?」程度の認識でしかありませんでした。
しかし遡ること昨年末、株式会社隼の代表である三上慶将さんから直々に製品のレクチャーを頂き「なるほど!」とかなり感動しました。
自分が思っていた以上に熱い思いで開発されたアスリチューン。
その効果や使いどころを紹介していきたいと思います。

まずアスリチューン全ての製品に共通していることが材料にこだわっているという点です。
スポーツの場面場面に応じて必要な物を必要なタイミングで摂取できるように考えられてそれぞれの製品が作られています。

ATHLETUNE・ENERGAINエナゲイン
運動開始20分前に摂取することで運動に必要な成分を摂取することが出来ると共に、血流を良くすることが出来ます。
血流が良くなることで筋肉を始めとする体の各箇所に栄養が届きやすくなるわけです。
この考え方はウォームアップと共通で、エナゲインを摂取すればウォームアップ効果を高めることが出来るという認識であっていると思います。
含まれている成分には持久力向上を目的としたものが多く含まれており、血流が良くなったことでレース開始直後から発揮される高パフォーマンスを持続させることが出来ます。
長時間のレースでは2本摂取することも有効らしく、その際には運動20分前と開始30分後辺りに摂取するのが理想的なようです。
自分は開始前に一気に2本飲んでいましたが、それでは効果が無いと指摘されました。
アスリチューンシリーズの中で1番最初に開発されたものでパッケージに「1」という数字がプリントされています。
1番最初に製品としては完成したのですが後述する理由により発売が延期され、SPEEDCUREと共に世に出回る事となりました。


ATHLETUNE・SPEEDCUREスピードキュア
運動後の疲労した体をリカバリーするために作り出されました。
開発の裏話としてはエナゲインで発揮される高パフォーマンスの結果、疲労が溜まり過ぎてしまい翌日にもダメージが残ってしまうという事が判明したそうです。
そこで、その日の疲労はその日の内に、という事で開発されたのがこのスピードキュア。
含まれる成分には疲労回復を早める成分がメインで肝機能を高める成分も含まれています。
肝臓が担う仕事は多岐にわたり、栄養素の分解と合成・貯蔵や疲労物質の分解もそこに含まれます。
特に運動後には失われた栄養の取り込みと疲労物質や老廃物の分解を同時に行う必要があるために多大な負担がかかります。
そのため肝機能を高めるスピードキュアは疲労を取り除くという上で非常に効果的です。
個人的には成分にBCAAを始めとするタンパク質が含まれていないおかげで、プロテインの過剰摂取を気にせずに済むのでそういった意味でもオススメです!
エナゲインに続いて開発されたという事でパッケージに「2」とプリントされています。
日々のハードなトレーニングに耐える選手だけでなく、ライドの翌日に仕事がある社会人の方にとっても非常に意味のある製品に仕上がっています。


ATHLETUNE・POCKET ENERGYポケットエナジー
エナゲイン、スピードキュアはサプリメントに近い製品であるのに対し、ポケットエナジーはエネルギー補給を目的として作り出されました。
ですが、やはりアスリチューンと言うべきかそこには様々なこだわりが感じられます。
まずパッケージの大きさに関してはエナゲインやスピードキュアと同じサイズのパッケージで、非常に小さく薄く仕上がっています。
また、運動中に摂取してもストレスにならないようにベタッとしていないにも関わらず1つで105kcalも摂取することが出来ます。
本来「カロリーを増やす」「ベタッとしない」「コンパクトにする」この3つは相反する内容であり全てを満たすのは非常に難しいのです。
しかしポエットエナジーはそれを達成しています。
その鍵となったのが中鎖脂肪酸です。
以前にも紹介しましたが中鎖脂肪酸は分解の必要が無く、そのままエネルギーに変換されるために運動中の栄養素として非常に有効です。
また、糖質と同じ量でより高カロリーであるためにコンパクトにするため&ベタつきを抑えるのにはもってこいです
また、中鎖脂肪酸には脂肪をエネルギーに変換する回路を促進させる効果もあるらしく、体に蓄積されている脂肪がエネルギーに変換されやすくなります。
そのおかげもありポケットエナジーを使用すると体感的に、含まれているエネルギー以上のエネルギーを摂取した感覚を得ることが出来るのです。
味に関しても飽きが来ないようにグレープ味とオレンジ味が用意されており、グレープがブラック、オレンジがホワイトを基調としたパッケージになっています。
小さいパッケージのおかげで身に着けていても邪魔にならないうえにクオリティの高いエネルギー補給が可能なポケットエナジーはロードレースだけでなく多くのエンデュランス系のスポーツで素晴らしい効果を発揮するのではないかと思います。


一つ一つに関する紹介は以上になります。
全ての製品に共通していることがゼリー+液体という形になっていることです。
このおかげでどのタイミングでもストレスなく摂取することが出来ます。
特にポケットエナジーではそのメリットが大きく、運動中の口内が渇いた状態でも水無しで摂取することが可能ですし、内容物を絞り出すというような手間も必要ありません。
またアスリチューンの製品は全て美味しく作られているというのも特徴の一つです。
基本的に体に有効な成分は「良薬は口に苦し」という言葉もあるように、クセの強い味になっています。
しかし、アスリチューンはそういった成分を含みながらも、各製品に非常に美味しい味付けがなされています。
そんなアスリチューンですが、製品としては上手くできていても商品としては少し問題点があるようです。
どうやら原材料や開発の金額がかさみ過ぎ、中々利益が出にくいと嘆いておられました。
使用する側としては非常にクオリティの高い物を摂取できるという事でメリットしかないわけですが。
スポーツをするすべての人に効果的な補給食を目指して世に送り出されたアスリチューンシリーズ、ぜひ皆さんも使用してその効果を実感してみてください!

便利な複数種類のセットパックも販売されています!

この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| 日記・コラム・つぶやき | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT