PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全日本選手権ロードレース

全日本選手権ロードレースエリートは雨の影響により2周の短縮での14周の220kmで行われました。

今回のレースでは大門さんからは「次に繋がるレースをすること、明確な目標を持って動くこと」を指示されていました。どう走るとかの指示は無かったため、自分で考えてベストの走りをするというのが目標になりました。
そこで自分の考えた走りは、

まず、別府さんをマークしたところでアタックに付いていける自信がない。
しかし、敵わないとしても勝負どころには居たい!
結論、逃げるしかない笑←いつも通り

また、甘い逃げでは足を使うだけで勝負どころには絡めない!
したがって、足のあるメンバーの逃げに乗る必要がある
そして前提として、今回の全日本は別府さんにマークが集中するため、他の有力選手の逃げが決まりやすいということがある!

これらのことから……
今回のレースは佐野さんをマークして一緒に逃げる!そして前で足を残しつつ、後ろの追撃に合流し最終局面まで残る!
ということを目標のしました。

レーススタート。
最初は下り切るまでパレード走行。
パレード中に自分の名前と技術を総動員し佐野さんの真後ろを陣取る。
そしてパレード終了。
虎視眈々と黒豹さんが逃げを狙い位置を上げていく後ろを金魚の糞のように追走。
そして、1周目の登りの中盤で佐野さん発射!と同時に自分も発射!
先頭は6人程で、後から5人程合流し11人の逃げが形成。
メンバーは、自分、佐野さん、アンカー井上さん、伊丹さん、愛三綾部さん、平塚さん、シマノ野中さん、木村君、ブリッツェン安部嵩さん、右京山本隼、インフィニティ武井さん
逃げは登りでペースを刻んで登り、下りと平坦でハイペースのローテーションをするという感じ。
タイム差は序盤は2分程から最大5分まで開き、その後、2分を切って詰められるとローテーションのペースを上げ差を保つというのを繰り返す。
逃げのメンバーでは佐野さんと武井さんが長めに引き、他のメンバーは同じ位引くという様子。
後半になるにつれて登りで後ろに下がる選手やキツそうな選手が増える。
その間トイレに行くこと3回。寒いので尿意が近い。

そしてタイム差1分の状態でラスト2周の登りへ。
入るとほぼ同時に井上さんアタック!
後ろも見ずにゴリゴリ踏んで行く
その後ろにベタ付き
1分程踏んでから井上さん交代
しばらく踏んで自分も交代
メンバーを見ると、佐野さん、井上さん、野中さん
そこから野中さんが遅れる
佐野さんがキツそう
自分もキツそうなふりをしながら下りへ
頂上でのタイム差は1分半
3人で満遍なくローテーション
下りをクリア
タイム差50秒
平坦部クリア
タイム差1分

ここで、この逃げは逃げ切れると確信。
いい意味で予想外の展開。
しかも佐野さんがかなりキツそうなので2位は確定か?と予想。
自分の足はまだ行けそう。
ここからは削りあいで勝負するしかない!
メンタル的にも一発目に強烈なアタックをすれば相手は苦しいはず!

コーナー曲がって直後に優勝のガッツポーズを想像しながらアタック!
かなりの全力
しばらく踏んで後ろを振り返ると……
手負いの黒豹が、佐野さんが、じわじわと詰め寄る
追い付かれると同時に井上さんアタック
少しバラけるが1つにまとまる
そこから自分がアタック
それをかわして佐野さんアタック
佐野さん、自分、井上さんで若干独走に
自分と井上さん合流
アタック合戦しながら佐野さんを追うが縮まらず
ラスト500m程でアタックするが全然踏めず
井上さんがアタックし離される。

なんとか3着でゴール。

レースを振り返って、最終局面ではプロとしての意地と足の残り具合を甘く見ていた判断ミスだと感じました。

全体としては、まず逃げのメンバーが相当よかったです。全員でキレイに回り完全に協調がとれていたので無駄な足も使わずに走れました。

自分の思惑通りに動け、予想以上の展開に持っていくことができ3位に入れたというのは今回のレースではかなりの収穫だったと思います。
そうは言ってもTT、ロード共に3位エリート1年目にしては上出来と言えるかもしれませんが、同年代のヨーロッパ選手がツールやジロで活躍していることを考えれば、日本の国内選手権で上位に入って喜んでいる様では甘いと思います。特にTTは優勝する意気込みで挑んでいたので!

自分の強さとしてもピークはまだまだここでは無いと思うので、次のレースに向けてバリバリ練習して自分を強化していきたいと思います!

これからも応援よろしくお願いします!
この記事が面白かった方は「いいね」を押して頂けると記事を書くやる気が上がります!
ついでにamazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

| レースレポート その他 | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://genkibicycle.jp/tb.php/54-d15bc21e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT