Genki一杯

Top Page > 未分類 > ツール・ド・イスカンダール・ジョホール 3日目

ツール・ド・イスカンダール・ジョホール 3日目

CATEGORY未分類
ツール・ド・イスカンダール・ジョホール 3日目

クラス:2.2クラス ステージレース
開催地:マレーシア
日程:4月19日
距離:101km
天候:晴れ



平均ワット:253W
最大ワット:993W
※パワー2マックスでの測定
出場チームメイト:1中島康則、2大久保陣、3山本元喜、4新城雄大、5山本大喜


レース前のミーティング

最終ステージという事で、チームの目標としては、中間スプリントのボーナスタイムでの中島さんの総合10位以内へのジャンプアップが目的。
他のメンバーはステージ狙いの逃げ。
自分は総合ジャンプアップも狙える位置なので、逃げて10位以内へのジャンプアップを狙う。


レースレポート

昨日の結果で総合上位はある程度は固まっている状態。
しかし、セントジョージを始めとする、有力ではあるが上位に絡めていないチームが、どのように攻撃を仕掛けるかが今日のポイント。
キナンとしては上位に絡んでいないので、マークもされづらく、逃げやすいと考えることもできる。
リーダーチームのサプラの動きと、他のチームの目的を見極めつつ、自分達に有利になるように動いていくことが重要。
いつものようにパレード中に様子見&位置上げ。
逃げたいチームも多いようで、集団先頭には綺麗なジャージが色とりどり。
そこに自分も加わり、様子見。
とりあえずはスタートアタックには反応しよう、という感じ。
パレードが終わり、レーススタート。
スタートアタックに反応し棒状一列。
決まらず。
そこからアタックの打ち合い。
今日は、逃げに加われなければ自分個人としては意味が無い日なので、かなり積極的に動いていく。
とはいうものの、アタックの回数を打つことは前提としていたので、基本は他の選手の動きを利用しながらの攻撃。
連続では動くとダメージが大きいので、気を付けつつも頻繁に動く。
雄大や大喜、中島さんも動くが決まらない。
スタートが3時という事もあって、暑さも前2日に比べるとマシで、体の調子もいい。
山岳ポイントの登りで小集団で抜け出したので、このまま決めれるか?と思い、踏んでいったが捕まる。
山岳ポイント争いで集団が割れかけたので、前にブリッジして逃げを決めようとするが、決まらない。
大喜が下りでアタックして、そのまま単独で抜け出し、小集団が追ってくるのを待つが、集団が追う。
慌ただしくアタックが繰り返されたあと、25km辺りで雄大を含む数名が先行する。
これは逃げが決まりそうな雰囲気。
出来ればブリッジしたいが、自分が動くと集団に追われそう。
どう動くか悩んでいると、自分の目の前にいたヘンシャンの選手がアタック。
それにピッタリ付いて、自分も飛び出す。
しばらくして後ろを振り返ると中島さんがいる。
そして集団が離れている。
とりあえず、中間スプリントも近いので、中島さんだけでも前にブリッヂさせるべきと考え、ヘンシャンが変わったタイミングで、かなり踏んで前との差を詰める。
良い具合に詰まったところで、中島さんが発射して前に追いつきに行く。
自分は、後ろにいたヘンシャンともう一人を含めた3人で遅れて前に合流する。
メイン集団は少し離れており、決まる可能性が高い。
前に追いついてからも、かなり踏んで逃げを確実に決めに行く。
捕まるとしても38km地点の中間スプリントまでは、何としても逃げたい。
逃げ集団は8名程で、キナンが3人。
他のチームも協力的でハイペースで踏み続ける。
集団との距離を知るために、後ろを振り返ると紫色のジャージが見える。
ローテーションが1周したころにはセントジョージの選手が追いついて来ていた。
集団は離れているので、単独でブリッジしてきたのだろう、強い。
セントジョージが来たという事は、集団に追われる確率が高まる。
しかし同時に、セントジョージは追ってこないし、逃げ集団のかなり強力な牽引力になってくれるという部分もあり、プラマイで言えばプラス。
簡単には追いつかれないところまで、メイン集団から離れた状態で中間スプリントへ向かう。
中間スプリントまでラスト1kmから自分が先頭で牽き続ける。
中間スプリントのお見合いやアタックを避けるのが目的。
ラスト300mくらいから雄大が中島さんを後ろに付けて、徐々に加速していく。
そしてラスト150m辺りから中島さんがスプリント。
完全に安全な状態で先頭通過し、総合ジャンプアップを確定させる。
そこから、逃げ集団の中で話し合いが行われる。
その結果、メイン集団が執拗に追ってきているため、総合が上位の中島さんが後ろに下がることになる。
総合の逆転の可能性の高い選手がメイン集団に戻ると、逃げ切りやすくなるため。
その証拠に、40秒差まで迫っていたメイン集団が、中島さんが下がったことで1分ほどまで一気に離れる。
他にも中間スプリント後に下がった選手がおり、逃げのメンバーは5人。
自分、雄大、セントジョージ、エックススピード、ゴーフォーゴールド。
そこからは5人で綺麗に協調して逃げる。
集団はUKYOがコントロールしていたこともあり、急激には離れず1分差からジワジワと開いていき、最終的に2分にまで広がった。
集団のコントロールがサプラに変わったという情報をチームカーからもらう。
今後の展開のパターンとしてはいくつかあり、
・単純に逃げ切り
・全員集団に捕まる
・後ろからブリッジがかかる
・逃げ集団が割れて数名が逃げ切り
といった可能性がある。
特にセントジョージとエックススピードの選手は脚がある感じで、かなり踏めている。
割れるとすればこの2人が抜け出すことしか考えられないので、雄大と相談して、自分がエックススピード、雄大がセントジョージを終盤にはマークするという事になる。
自分個人としては20秒差で逃げ切れば総合10位以内に食い込めるのでゴールスプリントを逃してでも逃げ切りたい状況。
場合によってはゴールスプリントを譲る代わりに、ゴールまで全員で行くというような交渉も必要かもしれない。
しかし、まずは逃げ続けることが大切。
残りの距離を減らしていく中で、ラスト30kmまで来るが、タイム差はまだ2分。
逃げ切りの可能性もある。
ラスト20kmで1分40秒。
詰まってきている。
全員でペースアップして逃げ切りを目指す。
すると、急なスコールが発生。
打ち付ける雨が痛いほどの強烈な雨。
この雨でメイン集団のペースが下がってくれれば逃げ切りもあり得る。
数メートル先が見えなくなることもある状況で、全員で踏んでいく。
しかし、ラスト10km手前で40秒差。
これは捕まる可能性が高い。
後ろに下がった際に振り返ると、迫ってきている集団が見える。
ほどなくして、メイン集団からブリッジしてきた選手に追いつかれる。
再び逃げが出来る可能性もあったので、そこに反応して付きはしたが、すぐにメイン集団に追いつかれる。
ラスト6kmで一度、全ての逃げが潰れ、ゴールスプリントに向かってレースが進む。
少人数の抜け出しも発生したが、最終的には集団が一つにまとまり、ゴールスプリント。
自分は集団後方でそのままゴール。


感想

日に日に暑さに体がなじみ、今日は一発逆転のチャンスを掴んだだけに、最後まで行けなかったのは悔しかった。
今回のレース全体を通して、あと一歩、というところでチャンスを逃す場面が何度かあったので、そういうところを詰めて結果に繋がるようにしていきたい。
今回のレースは平坦レースであったにもかかわらず、非常に荒れる展開が多いレースだった。
展開に乗っていく中で脚だけではどうしようもなく、判断力を問われる部分が非常に多かったので、かなり勉強になった。
そして、今回のレースは日本人だけでの出走という事もあり、レース中のコミュニケーションが非常に重要だった。
お互いに意見を出し合い、作戦をすり合わすことで、上手く連携して動ける場面が多かった。
連携の精度をより高めて、今後のレースに生かしていけるようにしていきたい。

キツさレベル
10
逃げ切りのために最後まで全力を出して踏み切った。


チームスポンサー商品紹介
アスリチューン スピードキュア 運動後「回復型」 マンゴー味
アスリチューンが二番目に開発した補給食との事。
1日をフルパワーで活動した後に翌日にそのダメージを引きずらないようにするための素材で作られている。
これも良い素材を使っているせいで利益が全然でないと嘆いていました。
レース後に2本一気に食べるのが五臓六腑に染み渡るようで気持ちいい。
若干酸っぱいので、レースの補給食で甘ったるくなった口に丁度いい感じにマッチします。
翌日も何回でもアタックできるようになります。 amazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

COMMENTS

0 Comments
There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply