Genki一杯

Top Page > 日記 > サプリメント > 年代別のプロテイン必要性

年代別のプロテイン必要性

プロテインはすべての人類にとって必要な物。それは年齢問わず全員に必要。
では、なぜそれが、どういった理由で必要なのか、について紹介したい。



<おすすめ関連記事>

プロテインは誰に必要?

このブログによく登場するプロテイン。
何かにつけてはプロテイン。
なんでそんなにプロテイン?
って思う人もいるテイン。
今日はそれに答えるっテイン。
以下意訳
(自分のブログで頻繁に、何かにつけて紹介しているプロテインですが、今回は「なんでそこまでプロテインを推してるの?頭筋肉なの?」っていう皆さんの疑問にこたえたいと思います。)
プロテインはありとあらゆる人、全人類にとってとても重要な栄養素です。
この記事では成長期、成人期、老年期ごとに、プロテインがなぜ必要なのか?という事について紹介していきます。

成長期にプロテインが必要な理由

言うまでもなく、成長期には体がドンドン成長します。
この時期にいかに栄養を供給できるか、体を大きくできるか、というところが、それ以降の身体能力に大きく影響することは言うまでもありません。
栄養にはビタミンやミネラル、骨を作り出すカルシウムも重要ですが、筋肉を作り上げるプロテインも非常に重要です。
昔から「プロテインを飲むと身長が伸びなくなる」などと言いますが、全くもっての迷信です。
筋肉が多く付くことで骨が引っ張られる、なんて大嘘を吐く人もいますが、骨が伸びようとする力は筋肉如きに抑制されるものではありません。
そして「プロテインが身長が伸びるのを阻害する」という理論は、そういう人に限って言いがちな「牛乳を飲むと身長が伸びる」という理論と完全に相反します。
なぜなら、プロテインとして知られている物の内、かなり多くの割合を占める物がホエイとカゼインであり、それらの原材料が牛乳であるからです。
つまり、ホエイ&カゼインプロテイン=牛乳ということになります。
脱線しましたが、成長期は体が成長する一番重要な時期であり、それは筋肉の合成に関しても同じです。
したがって、筋肉の材料であるタンパク質=プロテインを少しでも多く補給することで、体の成長を助ける必要があるのです。
だから、成長期のプロテインは、とても大切なのです。

成年期にプロテインが必要な理由

成年期といったものの、基本的には大人に向けての内容になります。
普段からスポーツをしている人や、ジム通いを行っている人は、意識的にお肉を食べたり、すでにプロテインを飲んでいると思うので、改めて説明する必要はないかな、と思います。
しかし、普段から運動をしていない人にとっても(むしろしていない人こそ)プロテインは必要だったりします。
なぜなら運動不足な人は、タンパク質の摂取量が少なくなりがち、だからです。
運動もしていないのに、「お肉を食べよう!」って気持ちにはあまりならないと思います。
これがタンパク質不足の原因です。
で、タンパク質の不足が何を招くのか?と言いますと、筋肉量の不足&肥満です。
タンパク質の量が減る、という事は必然的に摂取するカロリーが炭水化物と脂質に偏ります。
炭水化物と脂質は筋肉になりません。
結果、太ります。
若い頃には筋肉が付いていたとしても、タンパク質が不足していては筋肉量も減っていきます。
筋肉量の減少は、必然的に運動量や基礎代謝の減少に繋がります。
つまり、筋肉が減ると消費されるカロリーが減るのです。
結果、太ります。
この、負の循環から脱出する方法は、タンパク質の摂取です。
しかし、運動不足の人がタンパク質を摂取したところで、含まれる脂肪の多さから太ります。
ここで登場、プロテイン。
プロテインであれば、脂質を抑えつつタンパク質を摂取することが出来ます。
普段の朝食代わりにプロテイン。
これだけで、多少は肥満が解消されると思います。
適度な運動を取り入れることが出来れば、尚良しです。
一つ注意点として、それまで通りの食事にプロテインを付け加えるのは、やめた方が良いです。
単純に摂取カロリーが増えるだけで、太ります。
プロテインを一食と置き換えることが効果的なのです。
おすすめは朝食代わりにケトプロテインです。
肥満を始めとした健康が気になる成年期、少しでも健康を維持するためにも、摂取するカロリーの内、タンパク質の割合を増やす必要があります。
それに最適なのがプロテインなのです。
だから、成年期においてもプロテインは、とても大切なのです。

老年期にプロテインが必要な理由

ある程度、年齢が上がってきて運動量も減ってきている、そういった年代の方にとってもプロテインは重要です。
というよりも、そういう方にこそプロテインをとっていただきたい!
年齢が上がってくると筋肉量が落ちてくるのは仕方がない事、と決めつけてしまっていませんか?
実際は適度な運動とタンパク質の摂取で筋肉量の減少は、ある程度抑えることが可能です。
筋肉量の減少を抑えることが出来れば、怪我のリスクを大幅に下げることが出来ると共に、運動量を増やすことが出来るので、健康寿命を延ばすことが出来ます。
筋肉量と運動量の減少は悪循環を招き、体力の低下を加速させます。
それを阻止するためにも、適度な運動とタンパク質の摂取が必要なのです。
どちらか一つでは十分ではありません。
運動だけでは疲れが残るだけで長続きしませんし、タンパク質の摂取だけでは太るだけになります。
二つが組み合わさることで、より健康になれるのです。
その中で、タンパク質の摂取に対してプロテインが非常に有効なのです。
お年寄りの方に「肉を食べろ」と言っても中々難しいものがあります。
しかし、プロテインの摂取であれば簡単です。
水に溶かして飲むだけ、ですから、歯が無くても楽勝です。
余分な脂質等も少なく抑えることが出来るので、かなり健康な食品になります。
老後を少しでも健康で過ごすために、適度な運動とタンパク質の摂取は必須。
そしてタンパク質の摂取に最適なのがプロテインなのです。
だから、老年期においてもプロテインは大切なのです。
老人ホームに常備しましょう。


タンパク質の摂取はプロテインが一番!

プロテインがいかに大切な物なのか、というのを理解してもらえたと思います。
年齢を問わず、誰にとっても必要な栄養素がタンパク質なのです。
どの年代においても健康で活動的な肉体を維持するためにタンパク質の摂取は必須です。
その手段として一番手軽で手っ取り早いのがプロテインの摂取なのです。
揺り籠を出てから墓場に片足突っ込むまで、プロテインのある生活で健康で楽しい生活を手に入れましょう!
健康な生活は筋肉ある肉体と共に!

<おすすめ関連記事>
amazonをお気に入り登録される際はこちらからどうぞ!

山本元喜のYouTubeチャンネルはコチラ!

山本元喜の本はコチラ!

COMMENTS

0 Comments
There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply